2006年09月23日

インリンさんがポロリ

ニューリン様が、大阪で初M字を決める!? 10月6日に大阪府立体育会館で行われる「ハッスル19」。そのPRのためにインリン様の友人、インリン・オブ・ジョイトイさんが22日、神戸・元町の「RINGSOUL」で「M字トークショー」を行った。

0399369001158963726.jpg

その中で「聞いた話ですが……」と前置きした上で「ニューリンが大阪でM字ポーズを決めるかも……という話を聞きました」と極秘情報をポロリ。


続きを読む
posted by ランパードくん at 07:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

世界バスケを盛り上げる2つの美女チーム

0745033001156770221.jpg

試合の合間に会場を盛り上げるチアリーディングチーム「Red Foxes」
posted by ランパードくん at 22:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギュアの浅田姉妹、米国へ

フィギュアスケートの浅田真央と姉の浅田舞の姉妹が、新たな練習拠点となる米ロサンゼルスに向け成田空港を出発した。

0420835001156765467.jpg

姉妹は、ミシェル・クワンらを教えたアルトゥニアン氏から指導を受ける
posted by ランパードくん at 21:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

大阪世界陸上のポスター

世界陸上選手権の公式ポスターが、ちょうど開幕1年前の25日、発表された。若手デザイナーの水野学氏が半年がかりで制作。「日本古来の様式美を意識した」という

0984946001156515155.jpg
posted by ランパードくん at 23:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクと黒の衣装で登場した浅田真央、プリンスアイスワールド2006

0114799001156422718.jpg
イナバウアーを披露する荒川静香


0814747001156422940.jpg
ピンクと黒の衣装で登場した浅田真央


0350143001156422637.jpg
ビールマンスピンを披露する浅田真央
posted by ランパードくん at 21:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天球場をディズニーランドのようなテーマパークに

「球場をディズニーランドのようなテーマパークに」と、プロ野球の楽天の本拠地フルキャストスタジアム宮城で行われるイベントが好評です。

0763422001156387979.jpg
6月中旬に開催されたお菓子フェアの「スイーツタウン」(仙台)
posted by ランパードくん at 14:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田興毅「誰が逃げるねん!アホか!」ブログで激白

「誰がランダエタごときに逃げるねん! アホか!」。WBAライトフライ級チャンピオン、亀田興毅が、ついに沈黙を破り、吠えた。more
posted by ランパードくん at 00:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

ボビー・オロゴンの実弟アンディ・オロゴンK−1デビュー!

9月4日に開催される「K−1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜」の安廣一哉戦でK−1デビューを果たすタレントのボビー・オロゴンの実弟アンディ・オロゴンが23日、都内のK−1オフィシャルジムで練習を報道陣に公開した。

0147476001156318092.jpg

この公開練習には兄・ボビーも参加。初試合を目前に控えたかわいい弟を暖かく見守るのかと思いきや、冷静すぎる弟に対して「お前は全然分かってない。試合は生きるか死ぬかなんだよ!」とマジギレ! 挙句には飛び入りでスパーリングまで行い、厳しい兄弟愛のムチを浴びせたのだった。more
posted by ランパードくん at 16:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田興毅「100%負けることはない」

プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅(19)=協栄=が、同級1位ファン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=と、初防衛戦で再戦することが22日、正式決定した。more

posted by ランパードくん at 12:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

亀田興毅、10月にランダエタと初防衛戦

プロボクシング協栄ジムの金平桂一郎会長は22日記者会見し、同ジム所属の世界ボクシング協会ライトフライ級王者、亀田興毅の初防衛戦を10月に行うと発表した。今月2日の同級王座決定戦で判定勝ちした同級1位、フアン・ランダエタとの再戦になる。

0254314001156237694.jpg

亀田は、ランダエタを微妙な判定で降し、国内歴代3位の年少記録となる19歳8カ月で世界王座に就いたが、ファンなどから「判定に納得がいかない」といった批判が続出していた。「3階級制覇」を公言する亀田は防衛せずに王座を返上し、階級をフライ級に戻す可能性も示唆していた。

初防衛戦はWBAの指名試合で通常、ライトフライ級1位との対戦になる。ランダエタは最新の世界ランクで1位のまま据え置かれた。
posted by ランパードくん at 14:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

亀田大毅、相次ぐ亀田家批判に対し「気分が悪い」と真っ向から反論!

浪速乃弁慶、亀田大毅が21日、都内の協栄ジムで一夜明け会見を行った。20日に行われたプロ第5戦では、インドネシアのフライ級王者ウィド・パエスを相手に、わずか1ラウンド1分45秒でKO勝ち。意気揚々と会見に臨んだ大毅だったが、話題が一連の亀田バッシングにおよぶと、顔を紅潮させ、真っ向から反論した。more

0375819001156151308.jpg
posted by ランパードくん at 18:15| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

女子バレー、ブラジルに0−3で敗れる

ワールドグランプリ女子バレーボールの東京大会最終日。世界ランク7位の日本は同2位のブラジルに0−3で敗れ、2勝1敗で予選ラウンド第1週を終えた。

0124943001156079543.jpg
posted by ランパードくん at 22:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅、1RでKO勝利「また会おうぜ!」

浪速乃弁慶、亀田大毅のプロ第5戦が20日、神奈川・横浜文化体育館で行なわれた。インドネシアのフライ級王者ウィド・パエスと対戦した大毅は、ゴングが鳴るとガードを上げて前へ出るこれまでと変わらぬ亀田スタイル。

0477939001156079144.jpg

足を使うパエスを逃がさずロープへ詰めると、左ボディーを効かせてから左フックを決め最初のダウンを奪う。なんとか立ち上がったパエスだが、ダメージは明らか。

大毅は走るように距離を詰めると、さらに左フックと右ストレートをフォローし、わずか1ラウンド1分45秒で試合を終えた。

060820KYD02211G060820T.jpg
1回KO勝ちし、リングに寝転んで喜ぶ亀田大毅を祝福する父の史郎さん。左は兄の興毅。

恒例となっているKO後の歌唱パフォーマンスは虎舞竜の「ロード」。さらにこの日は予告どおりアンコールに応え、続けてT−BOLANの「Dear」を熱唱。快勝に上機嫌の大毅は「また会おうぜ!」とマイクで叫ぶとリングを後にした。
posted by ランパードくん at 22:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイク・タイソン、PRIDEのアメリカ大会への協力を発表!

アメリカ・ロサンゼルス郊外の南カリフォルニアFOX SPORTS BAR&GRILLで行われた記者会見に、あのプロボクシング元統一世界ヘビー級チャンピオンであるマイク・タイソンが登場! PRIDEのアメリカ大会への協力を発表した。

0594449001156067981.jpg

10月21日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのトーマス&マックセンターで開催されるPRIDE初のアメリカ大会『PRIDE.32 “THE REAL DEAL”』。その対戦カード発表が行われた記者会見に、マイク・タイソンが姿を現した。

■榊原代表
「PRIDEとタイソンがアライアンスを組んで、世界の格闘技界に向けて、格闘技の魅力が詰まったプロジェクトを作り出します。タイソンは単なるゲストではなく、我々とともに格闘技界に革命を起こすパートナーです」と、タイソンとパートナーシップを結んだことを明らかにした。

■タイソン
「PRIDEは最も素晴らしい団体です。その団体の“一員”になれてとても嬉しい。契約の詳細に関してはコンフィデンシャルなので、まだ言えない」と多くは語らなかったが、PRIDEと契約を結び“一員”となったことを明言している。

タイソンは以前から総合格闘技への転向を匂わすような発言をしており、何らかの形でPRIDEラスベガス大会のリングに上がることが濃厚となってきた。
posted by ランパードくん at 19:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本−韓国 宿敵相手にストレート勝ちをおさめた全日本女子

バレーワールドグランプリ 日本−韓国 ストレート勝利の日本。

0848205001156048585.jpg

試合後、ハイタッチを交わす竹下佳江と途中出場の落合真理
posted by ランパードくん at 13:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田−ランダエタの再戦決定!?

亀田対ランダエタの再戦が、急加速した。日本中で議論が沸騰した亀田対ランダエタの「8・2決戦」を経た最新のWBA世界ランキング。

注目のライトフライ級でWBAがランダエタに与えた順位は亀田戦前と同じ1位だった。more (スポーツ報知)
posted by ランパードくん at 13:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

日本、韓国をストレートで下し2連勝

バレーボール女子のワールドグランプリ東京大会第2日は19日、東京有明コロシアムで行われ、日本は韓国を3−0(25−20、25−20、25−17)で破り、2戦全勝とした。韓国は2連敗。

日本は韓国のブロックに苦しみながらも高橋み(NEC)の強打や時間差攻撃などで第1セットを奪った。競り合った第2セットも途中出場した落合(久光製薬)のスパイクで流れを変え、第3セットも押し切った。韓国戦の連勝は6。

大会3連覇を狙うブラジルはキューバを3−1で下し、2連勝した。
posted by ランパードくん at 20:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスケットボール男子世界選手権日本は強豪のドイツに敗れる

日本で初開催の第15回バスケットボール男子世界選手権。日本は強豪のドイツに70−81で敗れた(19日、広島県立総合体育館)

0441261001155985361.jpg
ドイツ戦の第1クオーター、高いディフェンスに囲まれる五十嵐圭
posted by ランパードくん at 20:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅、強烈メンチと握手で先制攻撃!

プロ第5戦の計量をパスした亀田大毅(左)は対戦相手のパエスに強烈な握手とメンチ切りで先制攻撃!

0179766001155984791.jpg

■第335回ガッツファイティング
8月20日 横浜文化体育館 16:00開場 17:00第1試合開始

<スーパーフライ級 8R>
亀田大毅(日本/協栄ジム)
ウィド・パエス(インドネシア/インドネシア・フライ級チャンピオン)

チケットの詳細・購入はこちらから
http://suports.seesaa.net/article/21658119.html
posted by ランパードくん at 20:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

女子競泳のアイドル、中西悠子が2位!

競泳のパンパシフィック選手権、女子200メートルバタフライ決勝で2位の中西悠子と3位の矢野友理江。

0281434001155903333.jpg
中西は、自らが持つ日本記録を1秒47も更新
posted by ランパードくん at 21:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子バレー、日本はキューバに3−0完勝

日本はキューバに3−0(29−27、25−18、25−17)で完勝した。3連覇を狙うブラジルも韓国をストレートで破った。

0627829001155902821.jpg
日本は攻守がかみ合い、主力を欠いてミスが目立った相手を圧倒

第1セットを大山の強打などで競り勝ち、第2セットは荒木の速攻やブロック、高橋みの時間差攻撃などで得点を重ねた。第3セットも11−13から6連続得点で逆転した。 (日刊スポーツ)



posted by ランパードくん at 21:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

公式練習で、軽快な動きをみせる米国のジェームズ

日本で初めて開催されるバスケットボールの男子世界選手権が19日に開幕する。大舞台を前にした17日、1次リーグを行う4会場で公式練習が始まった。

0625248001155820249.jpg
公式練習で、軽快な動きをみせる米国のジェームズ


■チケットのお申込み・詳細はこちら
http://gatel.ticket.rakuten.co.jp/
posted by ランパードくん at 22:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ヤンキースタジアムの起工式

2009年オープン予定の新ヤンキースタジアムの起工式で、建設予定地に「鍬入れ」を行う球団関係者ら。

20060817-04651949-jijp-spo-view-001.jpg
外観は1923年当時のヤンキースタジアムを意識したレトロなデザインになるという
posted by ランパードくん at 14:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

バスケット世界世界選手権、米国が本気で金メダルを狙う

米国がNBAのスーパースターをそろえて本気で金メダルを狙いにきた。米国は2000年のシドニー五輪以降、世界の頂点から遠ざかっている。今回の世界選手権もアルゼンチン、セルビア・モンテネグロなど強豪国が出場するが、バスケット大国の復権を目指して大会に挑む。

wade01.jpg
NBAでヒートを優勝に導いたドウェイン・ウェイド

来日する代表候補は13人。今年のNBAでヒートを優勝に導いたドウェイン・ウェイド(24)をはじめ、高校在学中にナイキと7年間で総額103億5000万円の契約を交わして話題となったレブロン・ジェームズ(21)ら若手を中心に編成された。

wade02.jpg
プエルトリコとの親善試合、ベンチでおどけるジェームズ(左)に笑顔を見せるウェイド

■米国シュシェフスキー監督
「このチームは歴代ドリームチームで、最もスピードがある」と語る。

米国以外にも、アルゼンチンのエマニュエル・ジノビリ、フランスのトニー・パーカー、ドイツのダーク・ノビツキーといった大物が日本で大暴れする。

2006FIBAバスケットボール世界選手権チケット
[ 一般発売 : 発売中 ]

■チケットのお申込み・詳細はこちら
http://gatel.ticket.rakuten.co.jp/
posted by ランパードくん at 16:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

双子の竹内兄弟、身長205センチ注目です!

日本初開催のバスケット世界選手権に日本代表として出場する双子の兄弟、竹内譲次、竹内公輔。身長205センチとチーム最長身、学生は彼らだけ。

0387605001155636347.jpg

身長では負けてません。どんなプレーぶりをみせてくれるのでしょうか、注目ですね!

2006FIBAバスケットボール世界選手権(広島)
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:広島県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)
試合開始日:2006年8月19日 〜 2006年8月24日

2006FIBAバスケットボール世界選手権(仙台)
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:仙台市体育館
試合開始日:2006年8月19日 〜 2006年8月24日

2006FIBAバスケットボール世界選手権(静岡県浜松市)
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:浜松アリーナ
試合開始日:2006年8月19日[土] 13:30

2006FIBAバスケットボール世界選手権(札幌
[ 一般発売 : 予定枚数終了 ]
会場:北海道立総合体育センター
試合開始日:2006年8月19日 〜 2006年8月24日

2006FIBAバスケットボール世界選手権(静岡県浜松市)
[ 一般発売 : 予定枚数終了 ]
会場:浜松アリーナ
試合開始日:2006年8月20日[日] 13:30

2006FIBAバスケットボール世界選手権(静岡県浜松市)
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:浜松アリーナ
試合開始日:2006年8月22日[火] 13:30

2006FIBAバスケットボール世界選手権(静岡県浜松市)
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:浜松アリーナ
試合開始日:2006年8月23日[水] 13:30

2006FIBAバスケットボール世界選手権(静岡県浜松市)
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:浜松アリーナ
試合開始日:2006年8月24日[木] 13:30

バスケ世界選手権8/26 開始時間10時・13時
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月26日[土] 10:00

バスケ世界選手権8/26 開始時間17時・20時
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月26日[土] 17:00

バスケ世界選手権8/27 開始時間10時・13時
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月27日[日] 10:00

バスケ世界選手権8/27 開始時間17時・20時
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月27日[日] 17:00

バスケット世界選手権8/29 準々決勝@
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月29日[火] 16:30

バスケット世界選手権8/30 準々決勝A
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月30日[水] 16:30

バスケット世界選手権8/31 5−8位決定戦
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年8月31日[木] 16:30

バスケットボール世界選手権 9/1《準決勝》
[ 一般発売 : 予定枚数終了 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年9月1日[金] 16:30

バスケット世界選手権9/2 3−4位・5−6位決定戦
[ 一般発売 : 発売中 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年9月2日[土] 16:30

バスケットボール世界選手権 9/3《決勝戦》7−8位決定戦
[ 一般発売 : 予定枚数終了 ]
会場:さいたまスーパーアリーナ
試合開始日:2006年9月3日[日] 16:30

■チケットのお申込み・詳細はこちら
http://gatel.ticket.rakuten.co.jp/
posted by ランパードくん at 19:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

FIA世界ラリー選手権 第11戦 ラリージャパンチケット

公演日  : 2006年8月31日(木)〜9月3日(日)

2004年に日本初開催された「ラリー・ジャパン」が、今年も9月に、北海道は十勝にて開催される。
 
0511147001155477148.jpg

3年目となる今年の新コンセプトは“地域の祭典:Festival”。ボランティアによるインフォメーションや公共施設の開放、リエゾン区間を走るラリーカーに住民が温かく声援を送る姿など、地域密着型のスタイルは、世界中から訪れるラリーファンを楽しませてくれることだろう。

チケット詳細、申し込み
http://ticket.rakuten.co.jp/sports/15520/
posted by ランパードくん at 22:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

マリア・シャラポワ、準決勝進出!

女子テニスのJPモルガン・チェース・オープンは11日、当地でシングルス準々決勝を行い、第1シードのマリア・シャラポワが、第5シードのディナラ・サフィナを6―2、6―4で下し、準決勝進出を決めた。

0249583001155366116.jpg
posted by ランパードくん at 16:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

マリア・シャラポワ、準々決勝へ

0212302001155290944.jpg

女子テニスのJPモルガン・チェース・オープンは10日、当地でシングルス3回戦を行い、第1シードのマリア・シャラポワが、第15シードのマリオン・バルトリに6―1、6―2で快勝。準々決勝へ駒を進めた。
 
posted by ランパードくん at 19:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ユンソナ、超ミニの純白フリフリで始球式

韓国出身のタレント・ユンソナが始球式を行った。超ミニの純白フリフリスカートで・・・・・日刊スポーツ
posted by ランパードくん at 21:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅、8月20日は爆発するで

8月20日にプロ第5戦を行う“浪速乃弁慶”亀田大毅が10日、都内協栄ジムでスパーリングを公開した。

0738105001155211172.jpg

この日は、同じ協栄ジム所属の古川高広を相手に3ラウンドのスパーリングを行った大毅は、「コンディションはええ。8月20日は爆発するで」と息巻いた。

一般発売 : 2006/07/31[月] 10:00 〜 2006/08/19[土] 23:59

■会場 : 横浜文化体育館
■公演日 : 2006/08/20[日]  開場:16:00 第1試合開始:17:00
■支払方法 : クレジットカード決済のみ
■チケットのお申込み・詳細はこちら
http://gatel.ticket.rakuten.co.jp/
posted by ランパードくん at 21:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

ホンダ、FIAと対立「F1が最高の技術を競う場」

ロイター通信によると、FIAは7日、F1シリーズで中国グランプリ以降はエンジン開発を事実上、凍結することを参戦メーカーと合意したと発表した。一方、トヨタ、ホンダ、ルノーなど参戦メーカー5社で組織する団体は、FIAとの合意を否定した。

0458759001154917860.jpg

■FIAの主張
はエンジン開発をやめればコスト削減になり、資金力に劣るチームでもF1に参戦する機会が増えると主張。
■メーカー側
F1が最高の技術を競う場だとして対立している。(共同)
■TOMO店長
FIAは一方的。エンジン開発やめなくてもF1に参戦したいチームがたくさんあるのにFIAの主張は理解できません。メーカー側は徹底的に対立してほしいですね。

posted by ランパードくん at 18:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

HONDA、39年振りの優勝!

Hondaは現地時間6日、ハンガリー・ブダペスト近郊のハンガロリンクで行なわれたF1ハンガリーGP決勝レースにおいて、ジェンソン・バトンが優勝。ホンダワークスチームとしては1967年第9戦イタリアGPでジョン・サーティース(英国)が優勝して以来、実に39年振りの優勝を飾った。
0458759001154917860.jpg

■本田技研工業株式会社 代表取締役社長 福井威夫氏のコメント
「今日の勝利は、何事にも代えがたい喜びです。今シーズンは初戦から優勝を目標にやってきましたが、ようやく13戦目のハンガリーGPで、正々堂々と戦った結果、勝利をつかめて、大変嬉しく思います」とのコメントを発表した。
0946125001154918364.jpg

■念願の初優勝を決めたバトンのコメント
「最後の10周で、このままレースが終わらず、永遠に続いて欲しいと思った。とても楽しんだよ」と、喜びを爆発させた。
 
posted by ランパードくん at 11:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

マリア・シャラポワ、決勝進出

女子テニスのアキュラ・クラシックは5日、当地でシングルス準決勝を行い、第2シードのマリア・シャラポワが第5シードのパティ・シュナイダーを7―5、6―4で退け、決勝進出を決めた。

0262871001154866531.jpg

シャラポワは決勝で、第7シードのニコル・バイディソバを6―2、7―6のストレートで下した第1シードのキム・クライシュテルスと対戦する。
posted by ランパードくん at 21:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田「アッコにおまかせ!」に生出演

6日は昼に放送しているTBS系「アッコにおまかせ!」に生出演することが判明。

判定への批判が集中する中、芸能界の“世界チャンピオン”ともいえる和田アキ子との“初対決”で、亀田がどんなパンチを放つか注目ですね!

posted by ランパードくん at 10:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

亀田興毅「好きに何でも言ったらいい」

0955760001154601276.jpg
王座獲得から一夜明けて記者会見する亀田興毅

■亀田興毅
「好きに何でも言ったらいい。人それぞれの意見、見方がある。負けたら次はない。勝ったから次につながる」と微妙な判定を一蹴。

■TOMO店長
みんなブログで勝手なこと書いてますが、不正でBに落ちたユベントスと同じですよ選手(亀田本人)が悪い訳じゃありません。私は亀田家の努力は認めます。あんなの(特訓)真似できませんよ。おかしいのは協会と審判です!あれだけ努力してこんな思いをするのならベルトを返して、もう一度ランダエダと勝負ですね。
posted by ランパードくん at 19:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

興毅号泣!10代世界王者だ

“浪速乃闘拳”亀田興毅が、世界王座を獲得した。プロボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦が2日、横浜アリーナで行われ、同級2位の亀田興毅(協栄)が、同級1位のファン・ランダエタ(ベネズエラ)を判定2−1で下し、新王者となった。

0052209001154525608.jpg

亀田は初回にダウンを奪われる苦しい展開を強いられたが、終始積極的に相手を追ってポイントをばん回。

■判定2−1
115−112(ランダエタ)
113−115(亀田)
114−113(亀田)
わずか1ポイント差となった判定を制した。亀田は、これで12戦12勝、19歳にして無敗での世界王座獲得となった。

■TOMO店長
判定は微妙でしたが、興毅の涙、父の涙、朝青龍に抱き上げられたシーンは感動しました。
posted by ランパードくん at 22:41| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ランダエタ、亀田興におむつのパフォーマンス

WBAライトフライ級王座決定戦で対戦する同級2位の亀田興毅と同級1位のフアン・ランダエタが1日、東京・後楽園ホールで計量し、ともに1回でパスした。

0404309001154435376.jpg

亀田がリミットいっぱいの48.9キロで体重計から降りた時、ランダエタが「亀田」と呼び止め、おしゃぶりとおむつを差し出すパフォーマンス。激高した亀田がたたき落とし、「おい、こら、カモン」と叫んで詰め寄るなどピリピリした雰囲気だった。

これまでは亀田が相手の童顔をからかって「赤ちゃん」と呼び、前日の調印式の際にはキューピー人形を渡して挑発。

■お返しをした形のランダエタ
亀田が引き揚げた後、おむつを手に「亀田の反応は予想していた。あした、これを着けなくてはならなくなる」と薄笑いを浮かべた。 
posted by ランパードくん at 21:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田に恋人がいた!! 

王座奪取を支える未来の花嫁の存在が7月31日、明らかになった。中学時代の同級生Aさん(19)で、現在、亀田家の家事の面倒などをみている。

0894654001153998121.jpg

亀田の故郷、大阪・西成区の天下茶屋中時代の同級生だったAさんは、亀田と同じ19歳。同中在籍時代から交際が始まり、今では文字通り、亀田を陰からサポートする存在となっている。

■関係者の話
亀田一家が今年初めに都内に専用合宿所を設けた際、Aさんも上京。亀田のトレーナーでもある父・史郎さんが離婚して母親のいない一家のために、食事の面倒や洗濯などのほか、末妹・姫月ちゃん(6)の世話など、家事を一手に引き受けているという。
posted by ランパードくん at 12:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

亀田興毅、対戦相手にプレゼント!?

8月2日に横浜アリーナで行われるWBA世界ライトフライ級王座決定戦で激突する同級2位の亀田興毅(協栄)と同級1位のファン・ランダエタ(ベネズエラ)が31日、都内ホテルで調印式を行った。 

0763990001154337067.jpg

ハンバーガーをむさぼりながらの登場という仰天パフォーマンスを披露した興毅。世界戦を前にしても、変わらず亀田流を貫いた。

会見場に現れた興毅にフラッシュの嵐が襲う。その右手にはハンバーガー、そして左手には“キューピー人形”が……。ハンバーガーをむさぼりながら近づいた興毅は、“キューピー人形”をランダエタにプレゼント。「キューピーのマヨネーズのヤツや。名前が“赤ちゃん”らしいから、持ってきたった」と、その顔立ちから“ベイビー”ランダエタのニックネームを持つ対戦相手に対し、いつものパフォーマンスで挑発して見せた。

0985748001154343512.jpg

■一方、笑顔でプレゼントを受け取ったランダエタ
「ありがとう。ベネズエラに持って帰るよ」と余裕のコメント。「実は私も計量の時にプレゼントを用意している」と、計量でのメンチ切りを宣言している興毅に対して、パフォーマンス返しを予告し、「私の考えていることは勝つことだけ。判定かKOかは言えないが、必ずベルトをベネズエラに持って帰る」と必勝を誓った。

■2日後の運命の決戦に向け興毅
「コンディションは今までで一番ええ。減量なんてあってないようなもん。ハンバーガーだって、食べたかったから食べただけや」とアピールし、「8月2日、今までの世界戦にない豪快な試合見せる」とファンにメッセージを送った。

WBA世界ライトフライ級王座決定戦 亀田伝説 夢の始まり[1章]
一般発売 : 2006/06/17[土] 10:00 〜 2006/08/01[火] 23:59
■会場 : 横浜アリーナ
■公演日 : 2006/08/02[水]  開場:16:30 第1試合開始:18:00
■支払方法 : クレジットカード決済のみ
■チケットのお申込み・詳細はこちら
http://gatel.ticket.rakuten.co.jp/

posted by ランパードくん at 18:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉本有美がビキニで始球式!

2006年三愛水着キャンペーンガール、杉本有美(17)が30日、東京ドームで行われた日本ハム−ソフトバンクの始球式に登板した。

06073110sugimotoGRA00236G060730T.jpg

ボーダーのビキニと美脚を強調する黒のハイソックス姿で観客の視線を集めた杉本は、ワンバウンドながら制球の効いた直球を投げ込み、日本ハムのマスコット「ハミュー」を空振りさせた。

■杉本有美
「大歓声がとても気持ち良かったです。また機会があれば投げてみたい」とスタンドの拍手に手を振ってこたえた。

posted by ランパードくん at 17:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボビー、ヒザ蹴りがヒット!!

0842588001154305044.jpg

史上最強の素人、ボビー・オロゴンがK−1ルールに初挑戦。野生のパワー大爆発を期待されたが、総合ルールのクセが抜けずに投げを多用し、反則の減点と1ラウンドにダウンを奪われた失点で藤本祐介に敗れた。

■7度も投げ捨てられた藤本
「腹が立ったというか、あっという間に3Rがすぎてしまった…」とただただ苦笑い。

■ボビーも「やりたいことは出せたが、ルールが味方しなかった。きょうでK―1は最後」と総合に専念することを示唆した。

■谷川イベントプロデューサー
「身体能力の高さを思い知らされた。総合向きだし、すぐにでもHERO’Sに出したい」と評価。早ければ10月9日のHERO’Sでボビー旋風が吹き荒れるかもしれない。



posted by ランパードくん at 09:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

亀田父をさくらパパが分析

 
2006年7月30日(日) 9時54分 日刊スポーツ

WBA世界ライトフライ級2位の亀田興毅(19=協栄)の父史郎氏(41)が、スポーツ界の常識を覆そうとしている。ボクシング経験のない父親が、専属コーチとして、世界王座に王手をかけた。「素人の父」はなぜ世界で通用する子供を育てられたのか。その秘密は「型破りの哲学」にあるようだ。やはり素人指導者として女子プロゴルファーの横峯さくら(20)を育てた父良郎氏(46)が、自らの経験を史郎氏と重ね合わて分析した。

亀田興毅に職業選択の余地はなかった。小学生のころに史郎氏からボクサーへの道を義務づけられた。仕事との両立ができずボクサーをあきらめた父の夢を託された。「オレがやらせたいから押しつけた」と史郎氏は話す。幼い時分に子供の将来を父が決める。良朗氏も同じだった。

■良郎氏
「子供の意思なんて関係ない。勉強でもスポーツでも子供たちには小さいころから明確な目標を与えた方がいい。オレも当時小学生だった3人の娘をプロスポーツ選手にしたいと思い立った。うちも亀田家もそれがうまくいった」

子供には日常的に目的意識を植えつけた。史郎氏は日ごろから「世界王者になれば大金が稼げる」と言い聞かせた。良郎氏もゴルフ中継は賞金が贈呈される表彰式だけを娘たちに見させたという。

2人は素人指導者という面でも共通する。プロ経験のない史郎氏は、アクション映画や漫画雑誌からヒントを得て練習メニューを考案。まき割り、丸太を担いでのスクワット…。そんな型破りの指導が、亀田の強じんな肉体をつくり上げた。良郎氏も負けていない。いすに座っての打撃、竹ぼうきでのスイング、おのを振り回す立木倒し…。数々の珍メニューで女子ゴルフ界屈指の「飛ばし屋」を育てた。

■良郎氏
「専門家じゃない。だからこそ自由な発想ができる。理論的な裏づけなんかない。でもさくらは我流のスイングで、誰よりも遠くに飛ばすんだから」
ともに苦労人である。史郎氏は中学卒業後、生活のために解体業の職に就いた。離婚後は仕事と家事とコーチを全部両立させた。良郎氏は高校卒業後、30代まで職を転々とした。脳梗塞(こうそく)で倒れ、糖尿病も患った。そこから弁当店を開店させた。苦労の中でも決して夢をあきらめない。その姿は子供にとって何よりのお手本になった。

父親と他のコーチの決定的な違いは、ふだんの生活でも常に子供を管理、教育できることにある。史郎氏は食事メニューを自分で考えて料理を作る。栄養管理ができる上に、食卓で会話も弾む。良郎氏は娘とともにキャンピングカーで遠征を回った。今季はキッチンカーも購入した。

■良郎氏
「スポーツ選手は体が資本。オレは最高の環境を与える立場だよ」亀田は「世界王者になっておやじを『素人』と批判した人を見返す」と公言する。今や素人コーチのもとで世界一になることが、世界王者への原動力になっている。(日刊スポーツ)
posted by ランパードくん at 19:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ボビー・オロゴン「お腹いっぱい頑張ります」

30日に北海道・札幌で開催される「K−1 REVENGE 2006」をいよいよ翌日に控えた29日、札幌市内のホテルで本戦に出場する全16選手が一堂に会しての前日記者会見が開かれた。

0800165001154164209.jpg

これがK−1初参戦となる注目のボビー・オロゴンは、ド派手なゴールドのスーツで決めて登場。さすがに表情はやや緊張していたが、対戦相手の藤本祐介をにらみつけるのではなく、バラエティー・タレントらしく笑顔を投げかけるなど余裕も十分に見せていた。

■ボビーのコメント
「こんなに大勢の記者のみなさんの前に出たのは、お騒がせ事件以来です」と、いつものボビー節。もちろん、ふざけているのではなく、いよいよ24時間後に迫った決戦に向けては「ビビッてます。でも、明日は自分の力を信じて力いっぱい、夢いっぱい、お腹いっぱい頑張ります」と真剣な表情で意気込みを語った。

心機一転、“最強の素人”ボビーによる決死のK−1初チャレンジ。無謀な挑戦に終わってしまうのか、はたまた意義ある成果を得ることができるのか。ゴングはもうすぐだ。

■チェ・ホンマンとの3度目の対決に挑む曙のコメント
1年ぶりに相まみえる宿敵を前にしてさらに気合が入ったのか、終始厳しい表情を崩さず。「とりあえず、リングに上がった後は楽しんで試合をしたい」と、3度目の正直へ抱負を語った。

■ホンマンのコメント
「北海道は初めてなんですけど、いいところですね。曙選手とは3度目ですが、面白い試合になります。頑張ります」と、流ちょうな日本語であいさつ。曙とは対照的に余裕しゃくしゃくといった表情を浮かべていた。

また、今大会のメーンは武蔵vsグラウベ・フェイトーザ。亡くなったアンディ・フグ選手のようにやられたら必ずやり返す気持ちでいきたいと語っていた武蔵は、この日も「男ならやり返さなきゃならない。しっかりと借りを返したい」と気合十分のコメント。アンディ魂を、そして正道会館魂を受け継ぐ男として、昨年11月のリベンジをなんとしてでも成功させる覚悟を見せていた。

K−1 REVENGE2006〜アンディ・フグ七回忌追悼イベント〜

7月30日 真駒内アイスアリーナ 開場14時 開始15時

<第8試合REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)
武蔵(日本/正道会館)

<第7試合 REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
曙(日本/チーム ヨコヅナ)
チェ・ホンマン(韓国/フリー)

<第6試合 REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
マイティ・モー(米国/シャークタンクジム)
レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム ボンヤスキー)

<第5試合 REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
ピーター・アーツ(オランダ/チーム アーツ)
ゲーリー・グッドリッジ(トリニダード・トバゴ/フリー)

<第4試合 スペシャルファイト K−1ルール 3分3R延長1R>
藤本祐介(日本/MONSTER FACTORY)
ボビー・オロゴン(ナイジェリア/フリー)

<第3試合CHALLENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
ポール・スロウィンスキー(オーストラリア/ファインダーズ ユニ ムエタイジム)
富平辰文(日本/SQUARE)

<第2試合 CHALLENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
ビヨン・ブレギー(スイス/マイクスジム)
中迫強(日本/ZEBRA244)

<第1試合 CHALLENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
フレディ・ケマイヨ(フランス/ファウコンジム)
天田ヒロミ(日本/コシ・トラスト)

<オープニングファイト K−1ルール 3分3R延長1R>
内田ノボル(日本/ビクトリージム)
力 丈(日本/大誠塾)

<フレッシュマンファイト K−1ルール 3分3R>
野田 貢(日本/シルバーアックス)
高萩 勉(日本/チーム ドラゴン)
posted by ランパードくん at 18:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンクの浜ちゃん、左近を応援!?

フジテレビで放送されている『ジャンクSPORTS』仕様のレーシングスーツを着た浜ちゃんが・・・

0589813001153458443.jpg
posted by ランパードくん at 09:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーアグリ、NEWマシンのパフォーマンスに好感触

2006年ドイツGP フリー走行

佐藤琢磨 カーナンバー22 (SA06-03)
フリー走行1回目 15位 走行周回数:14 最速ラップタイム: 1:20.102
フリー走行2回目 26位 走行周回数:8 最速ラップタイム: 1:19.365

山本左近 カーナンバー23 (SA06-04)
フリー走行1回目 19位 走行周回数:21 最速ラップタイム: 1:21.218
フリー走行2回目 27位 走行周回数:2 最速ラップタイム: 非計測

0415075001154131137.jpg

SUPER AGURI F1 TEAMと2台のニューマシンSA06が、ホッケンハイムでドイツGPのスタートを切ったが、勇気づけられる結果となった一日目だった。佐藤琢磨と新しいチームメイトの山本左近は、午前中のフリー走行で予定していたテストプログラムの大部分を終えることができた。午後はセッション直前の雨のためにほとんどのチームがセッションのスタートを遅らせていたが、SAF1がようやく走り始めると、2台に油圧系の問題が発生。残念ながら、プログラムの進行が妨げられる結果となってしまった。琢磨はチェッカーフラッグの数分前に走行することができたが、左近は2周のみの周回にとどまった。

■佐藤琢磨
「SA06での走行初日としては、とてもいい一日だった。先週のシェイクダウンのあと、本格的なテストは初めてだったが、1回目のセッションでもマシンはとてもよく走ったし、2回目の最初もよかった。残念ながら、油圧系のトラブルが発生して、今日予定していたプログラムを完了することはできなかったが、大きな問題ではなく、ニューマシンを初めて走らせる時にはよくあることだ。SA06は動きもよく、もいいので、今日の成果には満足している」

■山本左近
「ぼくにとっての初レースの初日がこういう形で終わってしまったことにはもちろんがっかりしているが、SA06のポテンシャルを感じることができたことはとてもうれしく思っている。SA05からの本格的な進歩を感じているし、ぼくたちのためにいいマシンを作ってくれたチームの努力に感謝したい。午前中はシェイクダウンのようなものだったので、ひと通りのプログラムを進めていったが、残念ながら油圧系の問題が生
じて、午後のセッションでは異なるセットアップを試すことはできなかった。しかし、マシンの印象はいいので心配もしていないし、明日の自分にとってのSAF1チームでの初予選についてはとても前向きに考えている」

0076789001154075946.jpg

■鈴木亜久里 チーム代表
「今日のパフォーマンスにはかなり満足している。今週末からぼくたちにとっての本当の2006年シーズンがスタートすると思っている。今日は2回目のシェイクダウンテストのようなものだったので、当然、いくつかのマイナートラブルはあった。今のところ、琢磨もSA06のハンドリングに満足しているようだし、ニュータイヤで走れば今日よりもいいタイムが出せるだろう。それは明日にならなければわからないが、SA06
のいいスタートを切ることができたし、ニューマシンで戦うグランプリ初日からチームもいい仕事をしてくれたと思う」 (スーパーアグリF1チーム プレスリリース)

0491317001153580364.jpg

posted by ランパードくん at 09:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

女子レスリング山本聖子の現役引退

女子レスリング元世界王者の山本聖子の現役引退が28日、明らかになった。

0344229001154093421.jpg

聖子の所属先であるジャパンビバレッジ監督の鈴木光氏によると、最大の理由は「婚約者でハンドボール日本代表の永島英明との結婚準備」だそうで、7月上旬に引退の意思を会社に伝えたようだ。会社は北京五輪までは現役を続けるように慰留したそうだが、本人の意思が強く7月末での退社が決まった。

山本聖子は1972年ミュンヘンレスリング五輪代表の山本郁栄氏の次女で、姉は世界V3の美憂さん、兄は人気格闘家の山本“KID”徳郁でレスリング一家として常にメディアの注目を浴び、レスリング界でアイドル的存在だった。

0157062001154093294.jpg

自身も1999年に世界選手権51キロ級で優勝すると、階級をまたいで3連覇。03年には59キロ級で4回目の世界女王の座を手にした。アテネ五輪代表には同大会で金メダルを獲得した吉田沙保里に最終選考会で敗れて出場はならなかった。だが、05年の全日本選手権で復活。今年の世界選手権代表の座に王手をかけていたがクイーンズカップ、プレーオフと正田絢子に敗れて代表になることはできなかった。

鈴木氏によると、今後はマットを離れて料理など花嫁修業に専念し、北京五輪出場を狙う婚約者・永島と、先日プロからアマチュアへ復帰宣言した兄・KIDのサポートに全力投球するそうだ。(スポーツナビ)
posted by ランパードくん at 22:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K−1ボビー「いい仕上がりですよ〜」

30日に北海道・札幌で開催される「K−1 REVENGE 2006」を2日後に控えた28日、K−1初参戦を果たすタレントのボビー・オロゴンが札幌市内のホテルで個別会見に臨んだ。

0071572001154082937.jpg

モジャ先生こと元ボクシング世界王者・平仲明信会長の直接指導のもと、沖縄で猛特訓に励んできたボビー。

■ボビーの爆笑会見
「沖縄は暑くて、ガリガリ君を食べ過ぎたらお尻の蛇口が大変なことになった」といつものボビー節で笑いを誘ったが、その沖縄での合宿も24日に打ち上げ、「いい仕上がりですよ〜」と現在のコンディションはバッチリの様子だ。

ボクシングの世界王者から手取り足取り指導を受けたとあって、やはり攻撃の軸となるのはパンチ。ボビー自身も自分の拳には絶対の自信を持っている。

「相手の頭を持ってそのままパンチをしたり、両手を押さえて上からのパンチですね〜。モジャ先生はこれが『一番効く』と言っていたので信じています。コケシ(こぶし)しかないですね〜」

ただ、これがボクシングなら問題ないだろうが、今回はK−1ルール。当然、蹴りも飛んでくるわけで、沖縄から東京に戻った後にキックの練習も行ったというボビーだが、思わずポロリと大変なことを口走ってしまったのだ。

「キックやってみたら痛いんですよ。対戦相手の藤本さんにこれだけ言いたいのは、僕の左足を蹴らないでくださいということです。本当に痛かったんだよ? 泣きたかったけど我慢したんです」

自ら弱点を暴露してしまったボビー。その場にいたマスコミ陣には「黙ってろよ!」とクギを刺したのだが、もちろん黙っているわけもなく・・

■このボビー失言を聞いた藤本選手のコメント
「蹴らないでっていうのは無理ですね。それがK−1ですし、そんなことを言っても通用しない。スキあらば狙っていきます」とバッサリ。そして返す刀で「一方的に倒そうと思っていますし、早ければ1ラウンドで倒したい。次から次へとそんな選手が出てきても困るので、K−1の怖さを知ってもらわないと」と情け容赦なしの秒殺宣言だ。

K−1 REVENGE2006〜アンディ・フグ七回忌追悼イベント〜
 
7月30日 真駒内アイスアリーナ 開場14時 開始15時

<スペシャルファイト K−1ルール 3分3R延長1R>
藤本祐介(日本/MONSTER FACTORY)
ボビー・オロゴン(ナイジェリア/フリー)

<K−1ルール 3分3R延長1R>
新村優貴(日本/大誠塾)
内田ノボル(日本/ビクトリージム)

<REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
マイティ・モー(米国/シャークタンクジム)
レミー・ボンヤスキー(オランダ/メジロジム)

<REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
チェ・ホンマン(韓国/フリー)
曙(日本/チーム ヨコヅナ)

<REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)
武蔵(日本/正道会館)

<REVENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
ピーター・アーツ(オランダ/チーム アーツ)
ゲーリー・グッドリッジ(トリニダード・トバゴ/フリー)

<CHALLENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
ポール・スロウィンスキー(オーストラリア/ファインダーズ ユニ ムエタイジム)
富平辰文(日本/SQUARE)

<CHALLENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
ビヨン・ブレギー(スイス/マイクスジム)
中迫 強(日本/ZEBRA244)

<CHALLENGE MATCH K−1ルール 3分3R延長1R>
フレディ・ケマイヨ(フランス/ファウコンジム)
天田ヒロミ(日本/TENKA510)
posted by ランパードくん at 19:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

亀田興毅、8月2日は「亀田記念日やで」

俺が世界チャンピオンになる日が近付いてきたな。8月2日は「亀田記念日」やで。ファンもアンチも俺が世界チャンピオンになる瞬間を見逃したらアカン。話題についていかれへんから、世間から取り残されるで。

1152764337.jpg
今年5月には、筑波山合宿で丸太切り特訓などを行った

周りはようプレッシャー言うけど、そんなもんあらへんよ。プレッシャーなんてもんは普通のボクサーが感じるもんで、俺には無縁や。俺はカリスマやからプレッシャーなんて超越してん。

今回は試合まで長く感じるな。今まではこんなことなかってんけどな。怖いとか緊張しとるとかちゃうで。世界戦が楽しみやから長く感じる思うわ。

みんなも覚えがあるやろ。誕生日とか遠足とか楽しみな日ほどなかなか来ないやろ。俺も今、そんな感じや。世界戦が楽しみやから早く来い思うけど、これが長いんやな。

ライトフライ級でやるのは20代前半まで

今回は初めてライトフライ級でやるんやけど、減量は楽勝やで。メシもバクバク食べてるし、ジュースもガブガブ飲んでる。もともと、俺はそんなに体重がないからきつくないねん。

俺は普通のボクサーやないから365日、ほとんど休まずに練習している。そやから体が絞れてるし、無理に体重を落とさんでも自然に体重が落ちる。いくら食べても足りんくらいや。

俺ら兄弟の食欲はごっついで。小さいころから親父によう食わされてん。食べんと練習についていかれへんから、亀田家の練習は食べることから始まるねん。減量よりも食べるほうがきついぐらいやからな。

いくら減量が楽やいうても、ライトフライ級でやるのはせいぜい20代前半までやな。これは前から考えてたことねんけどな。20代になれば体ができてくるからだんだん減量もきつくなってくる。そやからライトフライ級でやるんは10代の今が最適なんや。

8月2日は闘拳伝説のスタート

試合のイメージはもうできてる。判定は考えてない。デビュー戦から言い続けてるねんけど亀田とKOはセットやからな。ファンも俺のKOを見に来てくれとるやろ。それに応えるんがプロ。俺の仕事は豪快に勝つことやからな。

8月2日は闘拳伝説のスタートや。ゴールやない。勘違いしたらアカンで。こっからが始まりやねんから。俺の下には大毅と和毅がおるねんからな。ほんまに恐ろしいライバルや。そやから長男の俺がここで負けるわけにはいかんやろ。世界獲ってノンストップで突っ走るで!(亀田興毅)

もっと情報を知りたい方は、亀田家公式HP「浪速乃闘拳」やデイリースポーツ「週刊 亀田新聞」へ

一般発売 : 2006/06/17[土] 10:00 〜 2006/08/01[火] 23:59
■会場 : 横浜アリーナ
■公演日 : 2006/08/02[水]  開場:16:30 第1試合開始:18:00
■支払方法 : クレジットカード決済のみ
■チケットのお申込み・詳細はこちら
http://gatel.ticket.rakuten.co.jp/

posted by ランパードくん at 23:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スパイカメラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。