2012年08月21日

マンU香川真司、デビュー戦トップ下でフル出場!

マンU香川、先発フル出場デビューで好機演出するもエヴァートンに敗戦/プレミア第1節

マンチェスター・Uに所属する日本代表MFの香川真司は、20日に行われたプレミアリーグ開幕節のエヴァートン戦でリーグデビューを果たした。しかし、ユナイテッドは0−1で敗戦を喫している。

香川は4−2−3−1のトップ下で先発出場。
ユナイテッドはウェイン・ルーニーがワントップに入り、両ワイドはダニエル・ウェルベックとナニという布陣で臨む。

しかしユナイテッドは序盤からエヴァートンに押し込まれ、幾度となく決定的なチャンスを作られる。
特にマルアヌ・フェライーニの高さとボールキープ力には大苦戦し、主導権を握られる要因となった。そして迎えた57分、CKからフェライーニにヘディングで決められてしまい、1点を失う。

負けるわけにはいかないユナイテッドはその後、ロビン・ファン・ペルシーやアシュリー・ヤングといった
攻撃的な選手を次々と投入。78分にはファン・ペルシーとのコンビから香川が決定的なシーンを迎えるが、ボールがわずかにずれて得点には至らない。

前半にはウェルベックへ決定的なパスを供給し、後半もショートパスでリズムを作った香川だったが、得点を生み出すことはできなかった。

結局、ユナイテッドは0−1のままエヴァートンに敗戦。復権を期すシーズンの開幕戦は、黒星スタートとなっている。
ラベル:香川真司
posted by ランパードくん at 11:16| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スパイカメラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。