2012年08月04日

なでしこジャパン勝利!宮間あやの試合後コメント

なでしこジャパンは3日、ロンドン・オリンピックの準々決勝でブラジルと対戦。
大儀見優季、大野忍の得点で2−0と勝利した。



ブラジルのエース・マルタの試合後コメント
「公平な結果ではない。私たちの方が日本より良かった」と納得がいかない表情だった。

08年北京五輪の得点王のFWクリスチアネのコメント
「自分たちの試合はできたけど、日本の方が効率的だった」と敗戦を認めていた。

宮間あやの試合後コメント
チャンスでFWの2人が決めてくれたのが大きい。とはいえ、相手にコントロールされた時間が長かった。
自分たちらしさというのはワールドカップ以降、ボールを回して多彩な攻撃をするというように取り上げられているが、これが私たちらしさと見ている。全員で連動、連係し、強い相手に足を止めずに、 ボールを支配されてもゴールを割らせないのが自分たちらしさ。

他の選手はわからないが、話題にはしたくないが南アフリカ戦ですべてのことを背負ってくれたノリさんの思いをムダにしたくなかった。

2位狙い騒動は、選手同士でも口にするのはためらわれることがあった。でもあの試合は狙えないし、無気力試合じゃない。 相手に押し込まれるのは想定内だった。DF4枚は体を張っていた。ミスはあったら、それぞれの役割をコンプリートしてくれた。 私たちはチャレンジャー。残っているチームはどこも強いが、一番いい色のメダルに向かうという気持ちだけだ。

posted by ランパードくん at 12:31| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | なでしこジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スパイカメラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。